Make your own free website on Tripod.com
古典的精神世界本評
精神世界本のなかで有名なもの・よく売れたもの・評価の高いものなどを集めてみました。
TOP NEXT
書名 著者 出版社 感想
ビーヒアナウ ラム・ダス 平河出版社 「楽しい」という表現がぴったりの本。
自然に出来た本独特の自発性が心地よいと思う。
アウト・オン・ア・リム シャーリー・マクレーン 地湧社 アメリカ人て・・・・なんでも冒険物語にしてしまう。騒々しい。
あるヨギの自叙伝 パラマハンサ・ヨガナンダ 森北出版 あちこちで参考文献にされているのをのをよく目にする。クラシック。でも私は装丁を見て読む気をなくしてしまった。 未読。
怠け者の悟りかた タデウス・ゴラス 地湧社 これもよく見かける。よく出来ている。傑作というべき。”のんびり系”とでもいうべきか
生と覚醒のコメンタリー ジッドゥ・クリシュナムルティ 春秋社 これこそ完璧な古典。
リトル・トリー フォレスト・カーター めるくまーる インディアンの、「いいはなし」。売れました。息抜きに。
聖なる予言 ジェームス・レッドフィールド 角川書店 いわゆるニューエイジ小説。一直線の平坦なストーリーがどうも・・・。いっそはじめから「実践ガイド」にしてしまった方が気が利いていたかも。
映画は出来たのだろうか?
脳内革命 サンマーク出版 家にたまたまあったが・・1ページも読んでいない・・
その後のバッシングでいよいよ読む気もなくなってしまった。
今度はダイエット?
BASHAR ダリル・アンカ VOICE 読んだと思うが、なにも記憶にない
(チャネリングって、まだやっているのだろうか)

TOP NEXT

byNO-MAN