Make your own free website on Tripod.com

クリシュナムルティ


18k

クリシュナムルティの声
k_2.wav/188K
"love is not personal"


クリシュナムルティほどの存在となると、さすがにたくさんの本が出ています。
(そういや「思考のネットワーク」なんてすぐ絶版になってしまったなあ)
私が特に好きなのは「最後の日記」(平河出版社)です。
もう晩年に字が書きづらくなって、テープレコーダーに吹き込んだというものです。 そういう過程が何か作用しているのか知りませんが、まるで墨絵でも見ているかのような 静けさや枯れた美しさを感じることが出来ます。
訳も高橋氏になってわかりやすく、気負ったところがなく自然でいい。

最近は「私は何も信じない」(星雲社)という対談集が出ていました。ストコフスキーとの対話なんて面白そう。 読んでないけど。
BACK