Make your own free website on Tripod.com

HOME 次の本

最近の読書のページ


癒しの光(上)バーバラ・アン・ブレナン 河出書房新社 1997 97・10

読む順序が、(下)と逆になってしまった。
うーん、相変わらず、すごい。この冷静さ、確信に満ちた態度、ただ者ではないなあ。
(上)の方は、導入編という性格で、オーラ=エネルギーフィールドの説明や、ハラレベルなどの存在の四つの次元、 日常の生活の全般的な注意点、ヒーリングというものの基本的な考え方、ヒーリングの過程、 等を解説している。
「生活の注意点」に目を通しているとなんだかアンドリュー・ワイル博士の本でも読んでいるみたいな錯覚に陥りそう。
食べ物を選ぼう、ということやビタミンは食事から、電磁波を避けようといった、まあ納得がいくかな、ということから、 さまざまな色の一覧を掲げて、それぞれがチャクラに及ぼす影響などという、人によって反応がまちまちだろうということまで羅列されている。 システマチックに、包括的に書かれる。重曹と塩で歯磨きをすべし、というような謎めいたものもある。読む人が読めば、きっと面白いはず。
「オーラのブラッシング」を読んだときは「聖なる予言」をおもいだした。ほとんど同じ事を言っている。してみると、あれは結構確信的に書いたのだろうか?ううむ。
ハラレベルの説明などは、(下)で詳しく繰り返される。
(下)を読んでしまうと、議論の前提を整理するという要素が多いので、なにか教科書的な冷たさを感じてしまうがこれは仕方が無い。実際に教科書らしいので。 だからヒーラーの心がけのような、普通読む方には関係ないだろ、というような記述もある。
中で引用される事例とかは多く、なかなかおもしろくて自分のことを振り返るのにも、いいかもしれない。
HOME