Make your own free website on Tripod.com
 
 
  精神世界BON 
 
  
 
癒しの音を求めて  
宮下富実夫 春秋社
わかるのだけれど、なんかピントこない。  ★★ ヒーリング・音楽
すくなくとも、ヒーリングミュージックで世界に誇れる人であることはわかります。 
でも船井さんを賞賛したり、スターウオーズのヨーダをオリコンの依田社長がモデルと言うなど先走りも目立つようです。 
 
セスは語る: 
魂が永遠であるということ  
ジェーン・ロバーツ
クラシック。定番の言葉の数々 
やたら分厚い. 
 
★★★★ チャネリング
 
グレースアンドグリッド  
ケン&トレヤ・ウィルバー  
春秋社  
 
死を通じて成長 ★★★★★ トランスパーソナル心理学 
・死
 
はじめるのに遅すぎる事なんかない! 
中島薫 サンマーク 
 
良い人だけど・・・ ★★ セルフヘルプ
 この本、題名と内容がぜんぜん合っていないような気がしますが・・・ 

気の利いた文章が101個ばかり並んでいるという(とりわけサンマークでは)よくあるタイプの本です。 
では誰が書いているのかと言うと、なんとアムウェイで成功した人だと言う事で、 
この事に気づいて一気に引いてしまいました。 
成功した事自体はなかなかありえないすごい事とは思うのですが、それがアムウェイ内でのことでは 
あまりにいびつな成功と言うべきではないでしょうか??何しろ口の悪い人からはカルトまがいと言われるようなあれですから。 
あまりに狭い世界での成功のような気がして、”ご神託”のありがたみも、とたんに薄れようと言うものです。 
題名はいかにもらしいのに。 
 
俺の心は大地とひとつだ 
ノーバート・S・ヒル・ジュニア めるくまーる 
 
やっぱりいい ★★★★ ネイティブ
 インディアンの知恵の言葉アンソロジーの第二弾。 

 

何でこんなにいいんだろう。こんなに心に響くのはなぜか?  
どの言葉も、とても素朴で、そのために何か大地から響いてくるような気がします。  
”知恵”の部分だけをエッセンスとして荒削りなままに投げ与えたという感じです。  
重低音のように作用します。こんなにも心に響くと、前世はネイティブだったんじゃないかとさえ思ってしまいます。  
[HOME]